名古屋大須メイド喫茶・メイドカフェ MaiLeaf-メイリーフ-

menu

日常

2021.05.28.Fri

君にはハンカチを お屋敷には投げキッスを

担当

メル

メル

 

これからおやすみの方も、お目覚めの方も、まだまだ夜更かしする予定の方も、そして偶然このブログを目にしてしまった旦那様お嬢様も、ごきげんよう。めるです。
ブログを書くのもこれで最後なので、メイリーフでの思い出を色々振り返ってみようかなと思います。

これがメイリーフに応募した際の写真です。

めるになる前の私です。忍たまミュージカルを見に行った際、おめかししていたので、お友達に「メイド喫茶に応募するための写真を撮って」と頼んで撮ってもらいました。その時のことはよく覚えていて、なんだかあったかい初夏の眩しいお昼頃の時間だったとかってことを思い出せます。

入ってからすぐは、人見知りで、お話も本当に下手でお化粧もヘアアレンジもちゃんとしたことがなかったので、困難の連続でした。
ハイセさんに「あの頃はお話しに行くの辛そうだったね」と言われて、苦戦してたんだなと後から気付きました。
とにかく自分に自信が無さすぎて、自撮りの加工をやり過ぎなくらい沢山していたことを今でも覚えています。
でも辛いだけってことは全然なくて、色々と楽しんでいました。こんなに趣味やお洋服の好みが似ている女の子たちが仲良くしてくれる環境は初めてで、すごく嬉しかったです。
入った当初は同期の子達がすごく多くて、確か12人くらいいました。今はユキちゃんとリンちゃんとわたしの3人になっちゃいましたけど。ゆきちゃんはバースペースの守り神でリンちゃんはティータイムの守護神で、めるがディナータイムの守護神だねってこの前3人で話してました。閑話休題。
あの頃はお給仕終わりにお茶会をしたり同期の子達と遊びに出かけたり、お泊まり会をしていました。わたしはもともとそんなに友達が多くはなかったので、一気にたくさんの友達が増えてすごく嬉しくて毎日が楽しかったです。
秋頃にメイリーフのメイドさんみんなで食事会に行った時があったんですけど、その帰りにハイセさんがカラオケ行こうって誘ってくれた時があってめっちゃ嬉しかったのを今でも覚えてます。超新人だった私に声をかけてくれたのも嬉しかったし、優しくて大好きなハイセさんと二人だけで夜な夜な語り明かしたのが超☆うれぴで幸せな思い出です。

2月になると自分の初めてのバースデーイベントがありました。バースデーまで毎晩のように、お誕生日当日に誰も来なくて悲しくなるという夢を見ていました。でも当日、たくさんの旦那様お嬢様がお祝いしてくれてずっと忘れられない思い出になりました。皆さま、たくさんありがとうございました。

3月になるとこまちちゃんと沢山遊ぶようになりました。きっかけが本当に思い出せないので、ゴシック星雲の電波とゆめ星雲の電波をお互いに受信しあったんだなと思うことにします。
こまちちゃんと遊んでて一番楽しかったのは夜の公園で花火したり思いつきで観覧車に乗ったり、なんかすごいおしゃれなレストランに入ってよくわからないものを食べて「これはおいしさがわからないね」と言い合ったりした時とか…うーんたくさんあって決められません。
夏頃になるとサクラちゃんも加わって3人で遊ぶことが増えました。サクラちゃんはなんか変な踊りを日常的にしているので、わたしも共鳴して変な動きをすることが増えました。あと自作のBL同人誌を見せてくれたりとかして、サクラちゃんと一緒にいるととにかく笑いが止まりません。サクラちゃんは今まで出会った人の中で一番私を笑わせてくれる人間かもしれません。

振り返ると幸せなことばかりです。皆様から幸せをいただいてばかりです。少しでも皆様にわたしもお返しができているといいのですが…。

なにより、ここには書けませんが、旦那様、お嬢様ひとりひとりとの思い出がたーくさんあります。私は旦那様、お嬢様が思ってるよりももっともっと、旦那様お嬢様のことが大好きです。照れてしまうのであまり伝えられていませんが…。
私に限らず、他のメイドさんもそうだと思います。お店を閉めてる時間も、旦那様お嬢様のお話(勿論いい話です)をよくしますし、みんな本当にメイリーフとメイリーフの旦那様お嬢様がすきなんだなぁってよく思います。ここだけの話、皆様はご自身で思われてるよりもっともっとメイドさんから好かれていますよ。

長くなってしまったのでそろそろこのへんで。
色んなことを書きましたが、メイリーフにいた時間は全て幸せでしたってことが言いたかったです。

今月の月はフラワームーンという名前だそうです。そして来月はストロベリームーンです。どっちも可愛いですね。お屋敷からの帰り道の方も、お散歩の方も、お仕事から帰られる方も、ぜひ可愛い月を見上げてみてください。

ゆめ星雲おもいやり‪星より愛を込めて。 める

メル

この記事を書いた人

パーラーメイド

メル

Profile >

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ記事一覧に戻る
go top